R0003768_main.jpg

アジアで唯一、9年連続でベストカンパニー賞を受賞!


ワークスは、Great Place to Work Institute(以下"GPTW")が実施した
第1回「アジア地域における働きがいのある会社」ランキングにて、8カ国900社以上の中から「ベストカンパニー賞」を受賞いたしました。


GPTWでは、「働きがいのある会社」を「従業員が会社や経営者、管理者を信頼し、自分の事に誇りを持ち、

一緒に働いている人たちと連帯感が持てる会社」と定義づけており、下記の2種類の調査結果をもとに、

評価委員会が「働きがいのある会社」を発表しています。


・企業データや企業理念、社内制度といった、企業文化に関する会社への調査
・仕事や会社への誇り、経営陣・管理者層の姿勢などに対する、従業員へのアンケート


ワークスは、GPTW Japanが実施する「働きがいのある会社」ランキングにおいて2010年度には第1位に選出され、
初参加となった2008年から9年連続で「ベストカンパニー賞」を受賞しております。
その後も従業員アンケート等をもとに、社内制度や職場環境における様々な改革を実施しています。


今後も従業員アンケート等をもとに、社内制度や職場環境におけるさまざまな改革に取り組み、
国内外の社員が働きがいを持ちながら互いに能力や技術を高め合い、新しいアイディアを創出できるような環境づくりに注力し、

グローバル・テクロノジー・カンパニーを目指してまいります。



※「働きがいのある会社」調査について(GPTW)


アメリカのサンフランシスコに本部を置く調査研究機関GPTWが世界49カ国以上で「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査分析し、リストを発表。

アメリカでは1998年以降、毎年「フォーチュン」誌にベスト100社を公表している。
参加企業は全世界で7000社を超えており、500万人を超える従業員が調査に参加、世界最大規模の従業員意識調査となっている。

gptw-asia.jpg gptw_japan.jpg