#

人材教育・研修制度


当社の人材戦略で最も重要な考え方、それは0から1を優秀な人材を育てるために、「若手にこそ最高難度の仕事を与えること」が最も重要だということです。

当社の研修制度は、その根幹をサポートするために、社員自身が必要だと考えるものを自ら企画し、運営されています。




<Starter Mission (STM)>


STMは何かを教えてもらう「研修」ではなく、突破型の「Mission」です。

入社直後から2~6ヶ月をかけて取り組み、突破した人から現場に配属されていきます。

WAPでは配属直後から難易度の高い仕事に取り組むことを求められます。STMは「自分の頭で考える」力を徹底的に高め、

配属後に即戦力となることをゴールとして設計されています。

<Bootcamp>


Bootcamp研修は、全世界の開発者によって生み出された技術を、 エンジニアたちが効率よくキャッチアップすることを目的としています。

エンジニア配属後、限られた時間のなかで、チームとして開発していくための多くの技術・知識を学んでもらうことになります。

このコンテンツをすべて習得できれば、エンジニアとして確実にスタートダッシュできる内容です。


<Sales & Marketing研修>


Sales & Marketingでは、配属直後から顧客のメイン担当として営業案件に取り組んでもらうため、

営業としてのスキル・知識・考え方を早期にキャッチアップしてもらう必要があります。

Sales & Marketing研修ではロールプレイングを通じて、Action Planの考案、Discussion & ロープレ、フィードバック、

現場での実践を通じて、営業商材(COMPANY、HUE)の理解や、バイヤー相関図、反応モードなどの

ワークス流の営業フレームワークを理解しながら、営業としての“実力”を身につけていくプログラムです。


<MY COMPANY講座>


創業経営者自らが講師となり、文字通り「自分の会社」を知る講座。

数か月の実務経験を経たワークスの若手を対象として、

ワークスの企業理念・ビジネスモデル・基本的な考え方を体系的に学ぶ機会として開講されています。

弊社代表牧野によるQ&A セッション、同代表阿部による講座の2種類で構成されており、どちらも部署・職種関係なく、

ワークスで仕事をする上での思考フレームやマインドの理解を深め、日ごろの業務に反映させていく契機として実施しています。