14_.png

職場でも子どもと一緒!社内託児所という働き方


ワークスアプリケーションズが、自社運営の企業内託児スペース「WithKids」を作る理由とは?



 「保育園に預けられないから」「育児と仕事の両立が難しいから」・・・。こうした理由で、出産後に仕事を辞める女性は、今でも後を絶ちません。仕事を続けたとしても、育児と仕事の両立は簡単ではありません。「時短勤務で評価が下がった」というのはよく聞く話です。そうなると、モチベーションを保つのも難しいでしょう。


 こうした中、育児と仕事を両立させるための究極の解決策へ挑戦している企業があります。大手企業の3社に1社が導入しているほど、企業向けソフトウエアでは高いシェアを持つメガベンチャー企業、ワークスアプリケーションズです。


 2016年12月14日、同社は企業内託児スペース「WithKids」をオープンします。これにより“子どもの側にいながら、思いっきり仕事もできる”という、ママ社員の理想的な働き方を目指しています。発案者はなんと牧野正幸CEO。現在は子育て中の女性社員3人がこのプロジェクトのコアメンバーになり、絶賛準備中です。


 驚くのはWithKidsがよくある「業者に委託しての託児スペース」ではなく、保育士もすべて社員として採用し、完全に自社で運営する施設だということ。これは日本の大企業では、あまり例がありません。自社運営の託児スペースを作ることになった経緯や理由について、牧野CEOとコアメンバーにじっくり話を聞きました。



優秀な女性社員に仕事をあきらめてほしくない



1-DSC_5823.JPG

「優秀な女性社員に仕事をあきらめてほしくない」という牧野CEO


 「優秀な女性社員に仕事をあきらめてほしくないんです」という牧野CEOは、10年以上前から、女性社員の活躍推進のためには柔軟な育児環境の整備が必要と考えてきた。その第一歩として、2004年に始動したのが出産・育児支援制度「ワークスミルククラブ」だ。


 ワークスミルククラブには


・妊娠判明時から、子どもが3歳になるまで取得できる育児休業制度

・子どもが小学校を卒業するまで選択できる短時間勤務制度

・職場復帰時のボーナス制度(15%)

・子どもの病気やケガの看護が必要な場合の特別休暇

・休業中も社内の情報にアクセスできる制度


などの特徴がある。この制度を考えたのは、妊娠を控えた女性社員たち自身だ。今では多くの女性社員たちがワークスミルククラブを活用して産育休をしっかり取り、利用者全員が職場復帰しているという。



働きたいのに働けなくなる女性をゼロにしたい



 「そもそも、ワークスミルククラブがスタートしたのも、出産を機に働きたいのに働けなくなる女性をゼロにしたいという思いが強かったからです」と牧野CEO。


 大規模なソフトウエア開発やコンサルタントのような難度の高い仕事では、個人に高い能力が求められる。同社の優秀な女性社員も志が高く、十分な成果を上げている。ところが出産を機に本人の意思に反して仕事を続けられなくなるケースがある。それはとても残念なことであり、会社にとっても本人とっても大きな損失だ。「このままでいいのか。そんな義憤に駆られました」(牧野CEO)。


 国の制度は変えられなくても、自社の制度なら変えられる。そこで、立ち上げたのがワークスミルククラブ。女性社員自身が制度を作り上げていったのだが、その中で唯一、牧野CEOがアドバイスした制度がある。それは、「復帰時に年俸の15%のボーナスを払う」というもの。これは社員本人よりも「本人以外で復帰に反対する家族や親戚対策」として重視しているという。「“子どもが小さいうちは母親と一緒にいた方が良い”と復帰を懸念する家族や親戚がいる場合、“ボーナスがもらえるから”という説得材料として使えると考えたのです」(牧野CEO)。


 実際、ワークスミルククラブを利用したママ社員の一人はこう語る。「女性にとっては、制度がある/なしで、心のゆとりがまったく異なると思います。要は、きちんと選択肢があるということが重要なんですね。特に職場復帰ボーナスは、周りからも『すごい手厚い良い会社だね。大切にしてくれているんだね』とか『復帰後も良い環境をつくってくれるんだね』と、信頼感につながったのは事実ですし、私自身も安心して働き続ける選択肢が取れたんだと思います」。



子育てしながら、思いっきり仕事にも打ち込める「新しい働き方」を目指す


 一方で、「復帰」しても「働き続ける」ためには、これだけでは足りないと、牧野CEOは考えた。優秀な女性社員が復帰しやすいだけでなく、子育てしながら、思いっきり仕事にも打ち込める「新しい働き方」を実現するために開設を決めたのが、企業内託児スペース「WithKids」である。


 一般的な企業内託児は委託業務になっており、保育内容そのものまでを企業が決めることはない。しかし「WithKids」は完全に自社で開設、運営する託児スペースであり、そのあり方は、働き方そのものをガラリと変える可能性がある。

 牧野CEOの発案をきっかけに、社員が有志で集い、プロジェクトが立ち上がった。ではプロジェクトに手を挙げたメンバーはどう考え、取り組んでいるのだろうか。コアメンバーとしてプロジェクトに取り組む谷口裕香さん、牛丸侑香里さん、石関絵里さんに詳しく話を聞いた。

1-workskids1.JPG


保育士、保護者、社員のみんなで、理想の育児/仕事環境を作り上げていく



【プロフィール】

谷口裕香さん:経営企画所属。2009年に入社し、役員アシスタントや営業支援等を担当。2011年末に第一子の産前産後休暇を取り育児休暇を取得。2013年に復帰し、2015年1月には第二子の産休・育休取得。2016年5月に復帰。お子さんは4歳、1歳で現在は認可保育園に通っている。現在時短勤務中。


牛丸侑香里さん:経営企画所属。2005年4月に新卒で入社し、同社製品の導入支援のコンサルタント部門に所属。マネジャーとしてチームを率いたあと、2014年に第一子の産前産後休暇を取り育児休暇を取得。2016年5月に復帰。お子さんは2歳で、現在は区立の小規模保育園に通っている。時短勤務中。


石関絵里さん:経営企画所属。2005年4月に新卒で入社し、同社製品の導入支援コンサルタントを担当。その後、社内の教育部門で後輩の育成に当たる。2010年と2012年に出産、産休・育休を取得した。お子さんは4歳と6歳で、二人とも同じ認可園に通っている。


1-_DSC1327_hosei.jpg

WithKidsプロジェクトのコアメンバー3人。左から、牛丸侑香里さん、谷口裕香さん、石関絵里さん


石関絵里さん:ワークスミルククラブは、妊娠・出産・子育てを長期的にサポートしていく制度としてできあがりました。社員みんながそれを理解しているから、今では妊娠を上司に報告すると、「いつ戻ってくるの?」と当たり前のように言われるようになっています。


牛丸侑香里さん:ワークスミルククラブは時短勤務など、子育てと仕事を両立しやすい制度です。実際、私も時短勤務中ですが、当社の評価制度は上司が部下を一方的に評価するだけでなく、一緒に仕事をしているメンバー同士がお互いに評価する多面評価を採用しています。積み上げ式ではなく、仕事のプロセスなどの行動が評価されるので、評価で不利になったことは全くありません。


1-_DSC1026_hosei.jpg

「保育スタッフ、保護者、社員のみんなで、理想の育児環境とお仕事環境を作り上げてく」と語る谷口裕香さん


 でも「それだけでは足りない、託児スペースを作ろう」というCEOの一声から、WithKidsプロジェクトが始まりました。ワークスミルククラブで女性の働きやすさを確保するための一定のサポートはできていますが、さらにもう一歩踏み込もうと。


 現状ではどうしても、保育園や学童保育など、預け先の都合に合わせたワークスタイルになりがちです。送り迎えが必要なので、もっといっぱい働きたい、子どもと過ごす時間を増やしたいといった、柔軟な働き方には対応できないんですよね。


谷口裕香さん:「保育園に入れただけでもありがたい」と考えてしまうので、保育園に対しても要望が出しづらい。それは、保育スタッフも同じで、ますます労働環境が厳しくなる中、疲労困憊しています。これに対して、WithKidsは「みんなで作り上げる」というコンセプト。保育スタッフ、保護者、社員のみんなで、理想の育児環境とお仕事環境を作り上げていく。これはとても新しい託児サービスのあり方だと思っています。


1-workskids2.JPG



着替えやおむつはWithKidsで用意、当日申し込みで一時預かりもOK!



牛丸さん:例えば一般的に保育園はおむつや着替えなどは家庭で用意して、登園時に子どもと一緒に預けますけど、特に0~2歳くらいまではその量も多いですし、登降園時にすごい荷物になりますよね。


1-_DSC0988_hosei.jpg

「連れてくるのは子どもだけ、あとは手ぶらで大丈夫なように、おむつも着替えも食事もみんな託児スペースで用意することにしました」という牛丸侑香里さん


 もともとフレックスタイム制で出勤時間は自由なので、通勤ラッシュを避けて連れてくることも可能ですが、「都心まで大荷物を持って子連れで通勤」すること自体がネックになりかねない。だから「連れてくるのは子どもだけ、あとは手ぶらで大丈夫」なように、おむつも着替えも食事もみんな託児スペースで用意することにしました。


石関さん:自分が選んだ洋服でなければ! という人は預かって保管します(笑)。でも「保育に必要な基本的なものをそろえておく」ことで、「当日駆け込みOKの一時保育」が可能になるという面もあります。自治体などの一時保育は何日も前から申し込みが必要ですが、WithKidsはアレルギー情報などを含めて事前に必要事項さえ登録しておけば、当日申し込める。これは心強いと思います。


谷口さん:しかも事前登録といっても、なにしろ社員の情報、社内なので手間が少ないですし。他にも「子どもと一緒に給食」も選択できるようにし、今日は子どもと食事をしたいというときにも、あるいは「他の社員と子どもが給食を食べ(させ)たい」いう要望にもこたえられるようにしていきたい。いろんな国籍の社員が先生になって、子どもの学びも充実させていきたいですし、遠足やクリスマスパーティなど、社員みんなで交流できるイベントも開催したいと思っています。


牛丸さん:一般的な保育施設のように、「きっちり決められたスケジュールをこなしていく」ことを最優先にするのではなく、保護者や保育スタッフの状況をみて、柔軟な対応ができるようにしたいですね。


谷口さん:これだけ良い面がある、自らが変えていく必要があるんだ!と理解できたからこそ、今は私も利用したい!と思いますが、実は初めてWithKidsの話を知った2月の時点では「もう保育園も決まっているし、自分では使わないかな。自宅近くの保育園が一番良いに決まっているし」などと思ってしまっていたんですよね(笑)。また特に、今妊娠中の人やこれから子どもを望む社員にとっては、育休中の「待機児童になったらどうしよう…」と不安はなくなりますし、利用を希望する社員は多くなると思うんです。


牛丸さん:単に「企業内保育」と聞いても、ほとんどの方が懸念を示すのは事実かもしれません。でも、その“懸念”を自ら解決しようとしているのが、今の私たちです。嘆いているだけじゃ何も変わりませんから(笑)子どもも大好きだけど、仕事も大好きだという方にとって、もっとママと一緒にいたいという子どもにとって、親も子どもも我慢しなくてもよい環境をつくりたいだけなんですよね。


石関さん:私は、一時保育を“ご褒美”的に利用するのもありだと思うんですよ。「ワークス☆キッズ」というファミリーデーに、子どもを連れて出社したことがありますが、子どもがすごくうれしそうだったんです。普段ママが働くのはこういうところだというのを子どもに見てもらったり、一緒に出社したりするのは、子どもの楽しみになると思います。


1-workskids3.JPG



自分で企画提案をしたい保育士さんに来て欲しい



1-_DSC1232_hosei.jpg

「単に園の方針に従うだけではなく、運営そのものに積極的にかかわりたいという保育士さんに来て欲しい」と語る石関絵里さん


牛丸さん:保育スタッフがワークスアプリケーションズの社員であることも重要です。


石関さん:やはり同僚として一緒にWithKidsそのものを作りあげていけるのが大きい。保育士さんは募集中ですが、単に「園の方針」に従うだけではなく、「運営そのもの」に積極的にかかわってくれる方を求めています。


谷口さん:どんなことができるのかをプロの立場から企画提案してもらいたいと思っています。親の都合だけではなく、子どもの視点や現場で働く立場など、いろんな視点の意見を取り入れられるようにしていきたいんです。

 最初は施設長として1名、スタッフ4名を募集していますが、集まる園児の状況に応じて、増やしていきます。休み時間もしっかりとっていただけるような体制にします。


牛丸さん:保育士は、高待遇で迎えたいと思っています。CEOも「保育士は、頭を使いながら体力も使うので高待遇は当然」と考えています。


谷口さん:元々は、社内で手を挙げた、いろんな部署の50人のメンバーが、施設・採用・運営・食事など、テーマ別のチームに分かれて、構想を練っていました。構想が固まったので、今年の7月からは、実行フェーズとして、私たち3人が専任メンバーになって詳細を固めています。

 当社はIT企業なので、保育は全くの異業種ですが、ベースになる安心安全を守り、様々な基準、法律を遵守したうえで、ゼロから1を生み出すワークスアプリケーションズらしい託児環境にしていきたいですね。


牛丸さん:極論をいえば、保育の方法も預け方も決まりなんかないのではないでしょうか。「一般的にはこうしている」とか「普通はこんなことできない」など、制約だけが多くなるよりも、そんな枠はとっぱらって考えていきたい。そういうことにやりがいを見いだせる保育スタッフと一緒に働きたいですね。


石関さん:どういう施設を作るかというところから、自分たちで考えています。例えば、園庭がない代わりに、スペースの一部に人口芝生を敷き詰め、壁を青空にして園庭風スペースを用意し、「第二のお外」として楽しんでもらうとか!


谷口さん:「まず理想を掲げよう!」というのが当社の文化なんです。それで、女性社員が思い切り働けるのであれば、十分な投資効果があるというのがCEOの考えです。これで儲けようだとか赤字にならないようにしようとは一切考えていません。そこに縛られていたら良い発想も生まれてこなくなりますよね。



しっかり仕事をしながらべったり子どもといられる時間を持てる



牧野CEOは「人によっては1時間仕事に集中し、1時間子育てをするというワークスタイルのほうが、高いパフォーマンスを発揮できることもあるでしょう。あるいは、3時間働いたら1時間子どもと過ごすなど、ベストなワークスタイルはそれぞれ異なるはず」と指摘する。「働く時間に制約はありませんし、今集中しなければというときには保育士に任せて仕事をするというスタイルもありだと思っています」(牧野CEO)。


 同社では、女性社員が思い切り働けるようにするために、当初は会社負担でベビーシッターを派遣することも検討したそう。「理想は育児にも仕事にもしっかりコミットできる環境があることだと思うんです。だとしたら、極力職場に近いところに託児所を設ければいい」。社内に託児スペースがあれば、1時間仕事をしたら10分間子どもと話をすることもできるし、午前中仕事をしたらランチは一緒に食べて、午後からはまた仕事に戻るということもできる。自分に合ったワークスタイルを選べるようになる。


 ワークスミルクククラブもそうだが、WithKidsも基本的には女性社員をメインとした制度でありサービスだ。「男性はそもそも、働くことに対して周りから邪魔が入りにくい。まずは女性の支援を最優先で考えています。まだまだ日本は男性社会なので、女性はひるんでしまいかねない。意図的に思考を切り替えさせないと、結局のところ意識は変わらない。だからワークスアプリケーションズではしつこいほどに、社内に対して、評価するときに迷ったら『女性』や『時短社員』を優先しろと言っています。こうしないとダイバーシティは進まない」(牧野CEO)。


 同社が以前に行った社内アンケートで「せっかく家の近所で預けられるのなら、会社に預ける必要はない」と答える人がいた。「でもちょっと待てよ、本当にそうなのか? と思いました。保育園に預ければ仕事はできるかもしれませんが、子どもと一緒にいられる時間は短くなる。本来は、仕事と同時に子育てもできるのが理想的なはず。日本にはあまり例がないですが、しっかり仕事をしながらべったり子どもといられる時間を持てるようにして、女性のための最高の環境を作りたい」と牧野CEOは意気込む。


 今後は、子どもと一緒に仕事が出来るスペースをつくったり、例えば社員食堂にはプロ用のキッチンとは別に社員用のキッチンを用意してママ社員が子ども用の食事を作れるようにしたりと、まだまだ構想は膨らむ。ママ社員が子どもと一緒に思いっきり働ける環境作りを目指して、同社の挑戦は続く。


1-undoukai.jpg


(文/日経DUAL 山田真弓 写真/菊池くらげ、清水真帆呂)


WithKids_logo_01.png


企業内託児スペース「WitKids」についてはこちらから

http://career.worksap.co.jp/withkids/