ywmagao.jpg

【若手インタビュー】 世界へ価値を提供する営業を。業界初のシステムを開発と作りながら、お客様の経営課題の解決だけでなく、業界全体の課題を解決する。

Sales & Marketing Div.Client Sales 1 Dept.2016年入社 Y.W.

【Q】なぜワークスを選んだのですか。

【A】ワークスが世界に価値を提供する会社だと思えたから。
学生時代に経験した、ある会社でのインターンシップでは「仕事」に対しての理解は深まりましたが、何かしらかの価値を世の中に提供できる実感がありませんでした。
ワークスは企業の経営課題を解決する製品を提供していること、製品の開発、製品導入後のサポートも自社で行っているため、課題解決の最後まで責任が持てることに興味を持ち、お客様の経営課題の解決のゴールまでを描いて提案できる営業をやりたいと思い、入社しました。

【Q】どのような仕事内容ですか。

【A】大手企業向け不動産管理システムをお客様の課題や要望を伺いながら提案しています。
元々不動産向けの管理システムは限られた業務を管理する機能は世の中にありましたが、不動産業務全体の情報を蓄積し、日々の業務を効率化、蓄積した情報と雑務の効率化により、企業が戦略を立てることまでできるシステムはありませんでした。
それをワークスが開発しましたが、ワークスの製品の中でも新しい製品であり今は成長段階です。
不動産業界は自社開発で対応している会社がほとんどでしたので、各社毎に異なる多岐に渡る業務に対応する必要があります。
常にお客様の要望を聞いて汎用性があるのか、そのお客様だけでなく市場全体のニーズを考えながら開発に機能の提案もしています。
市場全体を見ないといけないということは、お客様の業務の理想の姿を考えパッケージ化する必要があります。
しかしお客様によって業務が異なるため、これまで蓄積したノウハウや他社から聞いた知識だけでは不十分なことも多くパッケージ化が困難なことが多くあります。
ノウハウや実績が何もないところを歩いていかないといけないので毎日新しい課題が出てきて、課題を解決したときにはもう次の課題が待ち受けていますが、そのような環境が困ったなあという思いもありながらも楽しいです。

ywinterview.jpg

【Q】ワークスならではの環境だと思うところはどのようなところですか?

【A】仕事を任せてくれるが故に甘えようと思っても甘えられないところ。
もちろん困ったときは相談する環境があります。
甘えるというのは手を抜くとか妥協が許されないということです。
仕事の進め方ややり方は強制されないので実際には手を抜くことは可能ではありますけど、抜いてしまったら自分の価値はなくなってしまいます。
自分自身で高いゴールを設定してそれを達成していく必要があります。
元々常に自分で高いハードルを設定してそれを達成することが好きでそういう環境ではないと充実感がないと思っていました。
必死に頑張らないと置いてかれそうな環境に毎日ワクワクしながら働いています。


本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示