hatop.jpg

【若手インタビュー】 業界の先駆者となっているような企業に自分がどれだけ通用するか、従業員数万名、売上額が数兆円を超えるリーディングカンパニーの経営課題の解決。

Sales&Marketing Div.SMD 1Client Sales Dept.  2016年入社 H.A.

【Q】なぜワークスを選んだのですか。

【A】面談をした社員の優秀さに圧倒されたからです。
学生時代は起業を考えていたこともあり、スタートアップやベンチャーに興味がありました。
ワークスを受験したのは、優秀だと思っていた先輩がインターンシップで落ちたと聞き、興味を持ったからです。
難易度の高い選考に興味を持ったため選考にチャレンジしただけで入社する気はありませんでした。
その後社員と面談をし、こんな優秀な人と働きたいと思い、その場で入社を決意しました。入社した今も常に優秀な方に囲まれて仕事をしています。
優秀とは今まで培った、経験・能力・実績によるブレない軸だと思います。
その軸があるからこそ大企業の経営層相手に対して動じず対等に議論ができるのです。

【Q】どのような仕事内容ですか。

【A】従業員数万名、売上額が数兆円を超えるリーディングカンパニーのみを対象とし、営業シナリオ計画〜案件化〜契約行為〜プロジェクトフォローを行う少数精鋭の組織でお客様の経営課題の解決を行っています。
メンバーは事業部長を行っていたようなワークスでもトップクラスと言われる人々。
その環境に自分で希望して異動しました。
前の部署でも成果を出していたので、優秀な人しかいない環境に異動することは迷いもありました。
しかし、業界の先駆者となっているような企業に自分がどれだけ通用するか、挑戦してみたい気持ちが強く異動を決意しました。
優秀な先輩方の思考の深さに叶わないと思うことが沢山ありますが、常に難易度の高い課題に直面する今の業務が楽しく、自分に合っていると思います。
大手企業への営業は他社では、ベテラン層や一部のエースの人たちのみが担当しますし、同年代の友人からも日本でも有数の企業を担当するような重要な業務を担当するチャンスはないと聞きます。
2年目の内から大規模な案件にチャレンジできる環境に感謝しています。

hainterview2.jpg

【Q】今後のキャリアについてどのように考えていますか?
【A】明確に何年後にこうなるとは定めていません。
その瞬間にもっとも自分が楽しいと思う仕事を選ぶようにしています。
あくまで自分の場合は、どうなりたいという漠然とした目標から入るのではなく、
その一瞬一瞬で自分が楽しいと思う、難易度が高い業務を一緒に働きたい人と思える尊敬できる人達と全力でやることで、後から振り返ると結果として、これがキャリアだったのかと気づくんだと思います。


本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示