ntmagao.jpg

【若手インタビュー】ISで成長できる環境を感じワークスに入社。問題解決能力や事業を創る能力を学び「科学技術立国日本をもう一度」を実現させる。

AC Div.Financials&Strategy Dept.Budget Grp.2017年入社 N.T.

【Q】なぜワークスを選んだのですか。

【A】ISでの経験が確実に自分を成長させてくれたと実感したからです。
ワークスのインターンシップは教えてくれるのではなく、気付かせるインターンシップ。
社員の人たちは言葉数多く教えてくれるのではなく、本質を突く質問を一言言う。
その本質を突く質問に、自分中心で考えてしまっていたことや、お客様のメリットを考えきれていないことに気付けていなかったことに気付かされました。
ただ教えてもらうのではなく、自分で気付くことで自分の力になり今後も生かすことができます。
他社と比べて特に自分で気付かせる割合が高いと思います。
ワークスのインターンシップ終了後に他社のインターンシップに参加して新規事業立案の課題を行いましたが、お客様のメリットを本質まで深く考えるメリット思考を生かしたところ、優勝することができ、実際にユーザードリブンで考えられていると総評をいただきました。
当時を思い出すとワークスのインターンシップは苦しかったですが、苦しくないと成長できません。
インターンシップ終了後に人事の方からワークスはシステムを作ったり、売ったり、コンサルしたりすることが目的ではなく、自分がやりたいことに対して実行するための成長ができる会社だと言われ、その通りだと思い入社を決意しましたが、入社した今でもそう思っています。

ユーザードリブン…商品開発において特に利用者(ユーザー)の意見やニーズを中心として開発を進める姿勢や考え方。

【Q】どのような仕事内容ですか。
【A】予算枠管理という企業の会計に関わる機能の設計・開発を行っています。
ERPという領域においてこの予算枠を管理する機能はまだありませんでした。
公益法人では特になくてはならない業務ですので完成したら公益系に更に展開していけると言われている重要な機能です。
また予算という業務は多岐に渡る業務に関わってきますので自部署だけでなく、様々なチームと連携を取る必要があり、予算管理以外の知識も必要となります。
元々は先輩が行ったシステム設計を元に実装を行っていましたが、実装を進めるうちに改善点等を見つけ出し、他ライセンスの開発者を巻き込み、自分なりに詳細な設計を行っていきました。
更にこの設計内容を自分からリーダーに提案し承認を得た上で、自分で実装を行った結果、6月から実際に公益法人のお客様が利用を開始することになりました。
この機能は配属直後に打合せに何度か同席した際に積極的に意見を言っているうちに任せてもらえることになりました。
年次関係なく積極的にアピールすればどんどん仕事を任せてもらえる環境があります。
影響力の高い機能を設計して最終的に形にしていくのがチャレンジングで面白いところです。

ntinterview.jpg


【Q】今後のキャリアについてどのように考えていますか?

【A】「科学技術立国日本をもう一度」というのが私の今の夢です。
元々は研究者になりたかったですが研究者になっても中々研究に時間を割けない現実を見て諦めました。
教授クラスでも忙しいですが、助教授では非常勤や雑務が多く、研究に避ける時間が短くなってしまいます。
本来やりたい研究ではなく、雑務に追われてしまう環境を何とかしたいと思っていました。その夢を実現するために成長できる環境を探していく中で、自分の成長もですが、事業としても自分が目指しているような企業の雑務をなくしクリエイティブな仕事に割く時間を増やす製品を作っているワークスに出会いました。
まだ具体的に何をすればいいかは見えていませんが、解決するためには問題解決能力や事業を創る能力が必要だと思います。
それらの能力を高めて夢を実現するために今後も新しいことに挑戦していきます。

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示