tsmagao.jpg

【若手インタビュー】建設業界の経営戦略の策定・実行の主担当。企業が抱える課題の本質を会話コントロールや企業の相関図から掴む。


Sales & Marketing Div. カスタマーリレーション第二 Dept. 2017年入社 T.S.

【Q】どのような仕事内容ですか。

【A】 主に建設業界のお客様の経営課題のヒアリングを行い、当社の製品を用いたハード面での提案、制度によって課題を解決するソフト面での提案を行い、経営戦略の策定・実行に主担当として携わっています。
経営課題を解決するためには、お客様が本当に望んでいることは何か本質を掴むことが重要ですが、とても難易度が高いです。
会社は人の集合体であり、様々な人たちがいます。そのため目の前のお客様が仰っていることが本質とは限りません。
なぜこのような発言をされているのか本質を掴むことが必要です。
お客様が抱えている課題の本質を会話から引き出したり、お客様やその会社で働く人々の関係性やパワーバランス等の企業の相関図を組み立てながら本質を掴んでいきます。
部門や役職が異なる様々な方々と接しますが、考えていることややりたいこと、目指していることはそれぞれです。
企業で働く様々な方々の働き方や想いに触れられる環境は勉強になりますし、面白さもあります。

【Q】本来の業務(営業、コンサル、開発)以外に取り組んでいることはありますか?

【A】ワークスには、多くの日本の大手企業がお客様であるという特色を生かした、同業界のお客様同士でノウハウを共有する分科会というイベントがあり、その運営に携わっています。
私は主に進行役を担いましたが、建設業界で働く課長や部長等の役職の方々がディスカッションする場に同席するため、私が担当しているお客様以外の企業の悩みを聞くことができます。
様々な課題がありますが、本質を追求すると共通している点も多くあります。
そこで得た課題を当社の製品の機能や仕組で解決できないかと新たな機能の提案を考えています。

tsinterview2.jpg

【Q】ワークスならではの環境だと思うところはどのようなところですか?

【A】困ったときに頼れる多種多様な方がいるのはワークスならではだと思います。
私はワークスの中にあるプロダクトの中で主に人事に関わる範囲の担当です。
クライアント企業の相関図、人事の業務全般に関する幅広い知識、当社の製品に対する知識、と様々な知識、ノウハウが必要とされるため、営業、開発、コンサル、CS(顧客満足度を向上させる組織)と幅広い部署の方々と関わります。
ワークスの社員は知識に特化した方、お客様の本質を掴むことに長けた方、多角的な視点を持った方と様々な方がいます。
そういった様々な部署、特色を持った先輩方に相談しつつ、優れている点を吸収し自分の能力として身に着けています。

■20卒向けインターンシップに関する情報はこちら
まずは、インターンシップ説明会へ!

INTERNSHIP | ワークスアプリケーションズ

本サイトは、快適にご覧いただくためCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、Cookie使用に同意したものとします。 Cookieポリシーを表示