新卒採用ENTRY
中途採用ENTRY

ー 働く環境 ーWORKPLACE

働く支援

テレワーク

柔軟な働き方を実現するために、2020年から試験導入を開始しました。自宅もしくは上司が認めた場所で勤務することが可能です。

ワークスミルククラブ

ママ社員が“働くことを楽しめる”理想の制度を目指して、内容や運用方法を設計しました。

妊娠判明時点から出産後子どもが小学校を卒業するまでの約 12 年間、段階的なサポートを行っています。

  • 妊娠判明時から取得可能な産前産後休業
  • 子どもが3歳到達後の最初4月末まで延長可能な育児休業
  • 子どもが小学校を卒業するまで選択できる短時間勤務制
  • 子どもの病気やケガの看護が必要な場合の特別休暇

など

フレックス休暇制度

土日・祝日・年末年始の日数と、所定休日105日(うるう年は106日)の差の日数分だけ「フレックス休暇」を付与する制度。
個人の裁量で休暇日を変更でき、2018年度の例では年間で16日分を自由に動かせるようになりました。
「日本では祝日だが海外では平日」といった状況から起きるスケジュール調整の苦労や、やむを得ない休日出社が発生している課題を解決しています。
国内と海外拠点の連携をよりスムーズにし、国内で働く外国籍社員の「母国の祝祭日に合わせて休みたい」という希望も叶えられるようになりました。
土日や祝日に出勤し、平日に休みを取るという選択ができることで、混雑する連休を避けて充実した休暇を過ごす社員も増えています。
この制度がリクナビNEXT主催の「第6回GOOD ACTION アワード」にノミネートされています。

フレックス勤務制度

出社、退社時刻を業務に合わせて柔軟に変更できる勤務制度。
スケジュールやコンディションに合わせて働く時間をコントロールすることで、生産性の高い働き方を実現しています。
細かなルールを設けず、社員の自主性を重んじた働き方が、ワークス流です。

成長支援

成長支援制度

社員の問題解決能力のさらなる向上を目的として、社外での研修の受講や資格取得に関する自己学習を支援する制度です。
四半期に一度募集を行なっています。

支援内容

a)研修受講:受講料の90%(上限15万円)
b)資格取得:合格の場合は受験費用と合格後の交付料、登録料など上限15万円

Chance & Challenge制度

半年に一度、社内で募集しているポジションが公開されます。
異動が決まるまではエントリーしたことを上司には知られることはないので、安心して挑戦できます。
自分のキャリアを主体的切り開く意識の醸成と自分のキャリアを内省する機会になっています。
各部門の募集内容(ChanceBook)を読むと、社内には魅力的な仕事がたくさんあることを実感できます。

マネジメント研修

マネジメントポジションについている社員を対象に、組織横断のディスカッション形式で研修を実施しています。
悩みを共有し解決に向けての議論は、部門や職種が違っても共通する点が多く、共に戦う仲間意識が芽生えます。

表彰制度

その年最もワークスの価値を体現した社員やチームを従業員の投票により決定します。 受賞した社員たちから語られるゴールまでのプロセス、苦境を乗り越えられた工夫は、 周囲の社員に多くの学びと感動を与えます。

勤続表彰制度

勤続10年を迎える社員に対し表彰を行なっています。ワークスらしさを熟知した彼らは エバンジェリストとしての活躍を期待されています。

組織活性

エンゲージメントサーベイ

2020年4月からスタートしました。 東京・シンガポール・上海の全従業員が毎月サーベイを受けることができます。
組織の問題・会社の問題を早期に発見し、改善していくことが目的です。 組織の改善にはバックオフィスからも支援し社員が活躍できる環境をより作り出すためのヒントとして活用しています。

WORKS UPDATE & QUICK UPDATE

社員にとって経営がより近いものであるために、また社員が一丸となって同じ目標を目指し続けるために、ワークスでは経営陣から様々な形で情報を公開しています。全社一斉視聴形式で行われる「 WORKS UPDATE 」や、社内 SNS 上で動画を配信する「 QUICK UPDATE 」など。どちらも社員からの Q&A をリアルタイムに SNS で受け付けていることも特徴です。

ICOIBA

「気持ちの切り替えができる場」「部署を越えて社員同士が交流できる場」をコンセプトに作られた全社共有のコミュニケーションスペース「ICOIBA」。入社式や各種社内イベントの会場になることもあり、休憩スペースとしてだけでなく、社員同士のコミュニケーションの場としても活用されています。

社内コミュニケーションイベント

会社全体のコミュニケーションの場として、様々なイベントを開催しています。全社キックオフ後の懇親会や納会、季節のイベントなど、部署問わず全社員が交流する機会となっています。

社内SNS

活発にコミュニケーションをとり全社レベルでの意思疎通を促進するため、企業向けSNSを用いたコミュニケーションプラットフォームを設けています。各部署の成功体験共有から趣味の話まで、様々なグループが作成され、海外拠点含めすべての社員が自由に参加することができます。社員からの発信に対し、経営陣がコメントすることも多く、部署やレイヤーの隔たりなく情報発信や交流ができる場となっています。